田尻 志保さん

 

出身地 三重県

移住年 2011年12月

職業  菓子工房そらいろ 代表

同居家族構成 夫、娘2人、義父、義母、義妹

移住のきっかけは?

大阪の大学に進学したとき今の主人と知り合い、彼の実家が高千穂だったので、将来は高千穂へ帰ると言われていました。結婚した後しばらくは、彼の仕事が都城(宮崎県)だったので都城に住んでいましたが、高千穂で仕事が見つかったので上の子が1歳になったとき、高千穂へ来ました。

 

『おひさまチーズまんじゅう』ができた経緯は?

以前、主人が障害者施設に勤めていて、障害者が作れる商品として『おひさまチーズまんじゅう』を考案しました。レシピは義母・主人・義妹みんなで、いろいろなチーズを使ったり、粉の配分を変えてみたり、試行錯誤の中で出来上がりました。残念ながら障害者施設では今後チーズまんじゅうを作らないことになり、『菓子工房そらいろ』を立ち上げて、2014年9月~『菓子工房そらいろ』で引き続き販売することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこで販売してますか?

千穂の家(高千穂峡)、鬼八の蔵(がまだせ市場)、高千穂道の駅、トンネルの駅、Yショップくもいと、むすびカフェ千人の蔵、まめや(日之影町)に置かせていただいてます。

 

移住してよかったこと

子育てにはとてもよい環境です。

同居しているので、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に子どもを育ててもらえるし、地域みんなで子どもを育ててくれる感じがあります。家族で過ごす時間も増えました。

子育て支援センターで同世代のお友達と知り合えたり、センターの方が子育ての悩みを聞いてくれたりと、子育て支援センターがあったのもとてもよかったです。

 

移住して意外だったこと

高千穂では子供服が手に入らない(笑)

みんな自転車に乗らないことも意外でした。

お年寄りが元気で長生き。私はおじいちゃんが63歳、おばあちゃんが70歳で亡くなったのですが、ここでは80歳、90歳でも元気なお年寄りがたくさん。高齢になっても、よくしゃべり、よく働き、地域の活動やスポーツにも参加しててすごいなと思います。

 

移住希望者へのメッセージ

人があったかいので、どんどん自分から話していくと、どんどん話してくれる。

お祭りとか参加すると面白いですよ。

現在は、旧向山南小学校の配膳室で作られている『おひさまチーズまんじゅう』。作業はチームワーク抜群で、もの凄い手際のよさであっという間に焼きあがってました。焼き立てチーズまんじゅうを試食させていただいたのですが、中のチーズがとろ~り。ほっぺた落ちそうでした。

 

上記販売所で購入できますが、個人注文も1個から承っているようです。

焼き立てをお届けしたいので、前日までの予約をお願いしますとのこと。

配達もしてくださるようです。        

 

菓子工房 そらいろ

西臼杵郡高千穂町三田井1050

080-9243-9606

E-mail: stetajiri12@hotmail.co.jp

                      (文責:田阪えり子)

リンク

当サイトはリンクフリーです。

リンクの際は下のバナーをご利用ください。

  • Wix Facebook page

© 2014 一滴の会

特定非営利活動法人 一滴の会

 

〒882-1411

宮崎県西臼杵郡高千穂町大字上野650-1

(株)橋本建装事務所内

 

電話:0982-83-0111  Email:office@itteki.org

FAX : 0982-77-1016

一滴の会は、赤い羽根共同募金事業により、

刈払機等備品の助成を受け活動しています。

who_dis_ci_02.png